努力の蓄積

自分の「やりたいこと」をする時は、とても楽しいものです。    しかし仕事においては、人は成長を重ねるごとに「自分は何をすべきか」という事柄を追求していくものです。 それでも経験の浅い社員の場合、与えられた仕事に対して〈やりたくないな〉〈嫌だな〉と思う状況が多くあるものです。  このような場合、与えられた仕事を全力で遂行することが大切です。 失敗してもその原因を素直に認めて反省すれば、次の仕事への大きな糧となります。 こうした繰り返しが「自己のやるべきこと」を固めていくのです。  漫談家の綾小路きみまろ氏は、50歳を超えてから全国的な人気を得ました。 下積み時代の30年間を、「明後日の前にある明日に向けて、諦めずに自分を磨く。その努力は無駄にはならない」 と振り返ります。 目の前にある仕事を確実にこなしながら、自分の力量を高めていくことで、職場人として成長できるのです。 iPhoneからの投稿