挨拶

ふだん私たちは、挨拶をされた時に、どのような対応をしているでしょうか。 例えば「パソコンから目を離さずに挨拶を返す」「誰が挨拶したかも知らないまま声だけ返す」など、ぞんざいな挨拶をつい返してしまいがちです。  このような場合、挨拶を返した人は相手の顔をよく見ておらず、その反応もわかりません。 おそらく、相手の心に届いていることはないでしょう。 「挨拶上手は付き合い上手」 といわれます。 よりよい人間関係を築くために、挨拶は欠かせません。 それも「する方」と「される方」の双方の思いが伝わって初めて、気持ちのよい挨拶となります。  相手の挨拶にきちんと応えるためにも、顔をしっかりと見て、明るい表情と明るい声で挨拶を返しましょう。 さらに良い職場環境となるはずです。  甘くなりがちな「返す挨拶」に、確かな意識を向けたいものです。 iPhoneからの投稿